ようやく糖クリHPとこちらのブログがリンクするようになりましたf^_^;


院長もこちらのブログを書いていただけることになりました(-^□^-)


今後、院長の記事がアップされるのを楽しみにお待ちくださいね~♪



先週末、学生時代の友人と久しぶりに会い、楽しくお酒を飲みました。


そこのお店は有機野菜など食材にこだわりのあるお店で、お酒にも自家製の梅干しを使ったサワーがありました~。


大きな梅干しを使ったサワーでした。


けっこう塩辛くて、1杯飲むのに時間がかかってしまいました(-。-;)


飲みすぎ予防にはよかったのかな・・・。( ̄ー ̄;




と言えば、今がちょうどですね。


スーパーで、青梅がたくさん売られていまよね。



「梅は三毒を断つ」



ことわざにもあるように、「食べ物の毒」「血液の毒」「水の毒」に対して効果があるといわれており、万能な果物です。



しかし、青梅には中毒を起こす有害物質が含まれているため、生食はできません。


食べるなら、梅干しや砂糖漬け、梅酒などの食べ方が多いと思います。


梅干しは塩分が多い!!とイメージしている方も多いかと思いますが、



実際、どれくらい塩分が多いのかご存知でしょうか?




スーパーで売られている青梅の大きなサイズの梅干しは1個あたり4gの塩分含まれます。


それより、一回り小さい(市販の梅干しでよくある)大きさは1個あたり2gの塩分が含まれます。


カリカリっと良い音のする小梅サイズは1個あたり0.6gの塩分が含まれます。





塩分制限と言われる方で、1日6gの塩分摂取にしましょう~と言われている方が梅干しを食べると、それだけで塩分摂取量がオーバーしてしまいますね(・・;)




いろいろと効能のある梅ですが、食べすぎは禁物ですね。


ナイフとフォーク管理栄養士r




2011年6月27日