四日市糖尿病クリニックは、糖尿病専門医として皆様のご相談をうけたまわります

メールでのお問い合わせ 059-328-4109

9:00-12:30 / 15:00-18:30 ※木・日定休

禁煙外来

禁煙外来について

私たちと一緒に『禁煙』はじめてみませんか?

タバコをやめようとして、なかなかやめられなかった経験はありませんか?タバコをやめられないのは、ご本人の意志の強さ・弱さは関係なく、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。
「禁煙しよう!」と決めたら、禁煙外来を受診することをお勧めします。タバコに対する「心理的依存」、イライラなどの禁断症状を起こす「ニコチン依存」は、医師やお薬の力を借りなければなかなか克服できるものではありません。

糖クリの禁煙外来では、患者さまお一人おひとりに合った治療プランを立て、禁煙の治療薬を処方するだけでなく、その都度最適なアドバイスを受けて頂くことができます。禁煙を無理なく確実に成功できるよう心身ともにサポートしてまいります。

禁煙チェックリスト ~保険診療適用~

次の項目に当てはまる方は
健康保険が適応になります。

●一ヶ月以内に禁煙したいと思っている方
●医師から受けた禁煙治療受診の説明に同意している方
●1日の喫煙本数___本 × 喫煙年数___年=ブリンクマン指数___/この数値が200以上の方
●後項目の「ニコチン依存症診断テスト」でyesの項目が5つ以上ある方

当てはまらない方でも自費での治療が可能です。
気になることがありましたら、どのようなことでもかまいません。お気軽にご相談下さい。

ニコチン依存症診断テスト

まずは自己診断テストでチェック!

次の各設問に対し、 「YES」 または 「NO」 を選択してください。
「YES」の合計点が5点以上になった方は、「ニコチン依存症」と判定されます。

q1自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
q2禁煙や本数を減らそうと試みても、できなかったことがありましたか?
q3禁煙したり本数を減らそうとした時に、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか?
q4禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか?(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、 胃のむかつき、脈が遅い、手の震え、食欲または体重増加)
q5Q4 でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか?
q6重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか?
q7タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
q8タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことが ありましたか?
q9自分はタバコに依存していると感じることがありましたか?
q10タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか?

最終的なニコチン依存症の診断は医師が行います。健康保険等の適用が可能か確認して下さい。

禁煙治療スケジュール

選べる2種類の治療方法

保険診療適用による禁煙治療は12週間にわたって計5回の診察を受けます。
治療方法は「ニコチンパッチ」という貼り薬で皮膚からニコチンを吸収させることによりタバコを吸いたいという欲求を抑える方法と、「チャンピックス」という内服薬により離脱症状やたばこへの切望感を軽減し、禁煙から得られる満足感を抑制する2種類の治療方法があります。どちらの方法で治療を行うかは、問診時にご相談ください。

ニコチンパッチ
チャンピックス (内服薬)