今回の糖尿病教室は、長年さまざまな足を観察し、個人に合わせたインソール(靴の中敷き)を作成されている「SPOX(スポックス)」の位田さんを講師に迎え、“正しい靴の選び方・履き方”を学ぶ会となりました。
糖尿病治療では、“運動療法”も大切な治療のひとつです。
比較的手軽に行えるウォーキングを運動療法に行っている方が当院でも多くいらっしゃいます。
しかし、中には「靴が合わなくてすぐに足が痛くなる」「歩くとすぐ疲れる」という理由で長続きしないとの声も聞きます。
そこで、今回は「正しい靴の選び方・履き方でこんなに“歩行”が変わる!!!」という講義を聞いた後、正しい靴の履き方の体験もしていただきました。

キャプチャ07
位田さんから靴選びのアドバイスを受けた患者さまは、もちろん今まで何度も靴を買い替える時に足のサイズを確認し、知っているはずの自分の足のサイズが、実は思っていたサイズより小さいことにビックリ!また、靴ひもを正しく締めて歩行してみると思わず「オー!」と声が出てしまうほど歩く姿勢 が綺麗でスムーズになっていることに全員が驚きました。
今回の教室では、新発見が多く衝撃の連続でした!
これを機に“足”に興味をもたれた患者さまも多いのではないかなと思います。 位田さんありがとうございました!

キャプチャ08
『SPOX(スポックス)』
〒510-0834 三重県四日市市ときわ4丁目1416-4
TEL 059-353-0343

http://www.spox.co.jp
※SPOXでは無料相談をして頂けます。