四日市糖尿病クリニックは、糖尿病専門医として皆様のご相談をうけたまわります

メールでのお問い合わせ 059-328-4109

9:00-12:30 / 15:00-18:30 ※木・日定休

フットケア外来

フットケア外来について

足のトラブルでお困りの時は、
メディアルフットワーカーにお任せください!

近年、糖尿病患者の増加に伴い足病変も増え、最悪の場合、足を切断しなければならなくなります。
そうならないためにも、専門の研修を受けた私たち看護師が総括的なフットケアを行うことで、
その予防に努めていきたいと思っております。

糖尿病のためのフットケア

糖尿病の患者さまへの治療

●皮膚病変の症状治療
●血流障害と神経障害の把握
●感染症への対応
●適切な専門科の紹介

特に糖尿病患者さんにみられる足の問題では、足切断にいたる危険もあるため、細心の注意をはらって検査・治療を行っています。
多種の診療科の協力が必要となるケースも多いため、地域の各診療科の専門医とも協同で診療を行いながら治療を進めて参ります。

また、予防・治療・再発予防用の靴型装具作製に関するサポートや情報提供なども行っております。
ご心配なことがありましたら、どうぞどのようなことでもかまいません。お気軽にご相談ください。

糖尿病の疑いのある方へのフットケア

糖尿病治療以外のフットケアー

足の不調は病気のサインかもしれません

  • 足への血流障害や神経障害
  • 足の爪の問題
  • 足の変形

足でお困りのことはありませんか?糖クリでは、さまざまな足のトラブルにも対応しています。
足に問題を感じる場合には、各種検査・診察後に専門のスタッフがご相談に応じています。

以下の症状にひとつでも心当たりがあれば受診をお勧めします。(要予約)

皮膚のトラブル

●乾燥
●ウオノメ
●タコ
●外傷
●色素沈着

爪のトラブル

●二枚爪
●巻き爪
●変色
●変形
●爪が薄い・厚い

足形のトラブル

●外反母趾
●内反母趾
●ハンマートウ
●内反足 ●外反足
●扁平足 ●開張足

足のトラブル診断の目安
  • ・足がしびれる
  • ・感覚が鈍い
  • ・足が冷たい、
     冷たく感じる
  • ・足の色が悪い
  • ・歩くと足が痛む
     (立ち止まると痛くない)
  • ・指に変形がある
  • ・安静時でも足が痛む
  • ・傷が治らない、
     治りにくい

誤ったフットケアの例

  • 白いところを全て切る(深爪)等、誤った爪切り
  • ウオノメ・イボ・タコを剃刀で削り取る
  • スピルコウを貼り付ける
  • 爪が分厚くなる
  • 巻爪になる可能性
  • 誤った処置で魚の目などの痛みが
    強くなったり、重症化する

ひどくなる前に、まずはご相談ください。

ウオノメ・タコ・爪の病変・外傷などの変化を捉え、適切な処置や予防に対する指導を行っております。
歩行・靴の指導目的にて靴マイスターとも連携し、足の状態改善に努めております。