四日市糖尿病クリニックは、糖尿病専門医として皆様のご相談をうけたまわります

メールでのお問い合わせ 059-328-4109

9:00-12:30 / 15:00-18:30 ※木・日定休

ストレッチ~自宅で簡単運動療法~

この度の震災で被災されました方々に心よりお見舞い申し上げます。


NPO法人セルフメディケーション推進協の議会より、避難生活時の健康運動法が公表されました。


(↓をクリックすると健康運動法にジャンプします)

http://www.self-medication.ne.jp/pdf/smacshelter-2.pdf



避難生活時は運動はおろか体を動かすのも難しいですよね。


しかし、長時間同じ姿勢でいるとエコノミー症候群ロコモティブシンドローム(運動器症候群)を起こしてしまいます。


特に糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)の方は注意が必要です。


この健康運動は、立ち姿勢以外にも座ったままや寝たままでもできる運動や、マッサージを分かりやすく写真で紹介されています。


普段の運動不足解消にもよさそうですね!(^∀^)b


冷え性の私も体温アップのためにさっそく取り組んでみようと思いま~す♪


*エコノミー症候群

 長時間足を動かさずに同じ姿勢でいた時に、足の深部にある静脈に血が固まり、その一部が血流にのって肺に流れて肺の血管を閉塞してしまう病気。


*ロコモティブシンドローム(運動器症候群)

 運動器の障害により、リスクが高くなった状態のこと。

 高齢化や運動不足により、筋力、骨、関節の機能が低下した場合に寝たきりになるなど介護が必要と  なる可能性が高くなると、日本整形外科学会によって提唱されています。


2011年3月30日

ささみの美味しいレシピ「冶部煮」

先々週末に金沢で勤務している大学時代の友人に会いに行ってきました~♪



その時に金沢の郷土料理冶部煮」を頂きました。


鶏肉に片栗粉をつけて煮るため、とろ~りとしたあんかけ料理です。


ちょっと甘めの味付けにわさびを溶かしながら頂くので、ツーンと心地よい大人の味です。

冶部煮はじぶじぶ煮るので冶部煮(じぶに)と名付けられたとか…。



鴨肉を使って作るのが正式のようですが、私が頂いたのは鶏肉で作られていました。



その時は鶏もも肉(?)で作られていたのですが、鶏のささ身でもできないかな~っと♪



以前、患者さんから「ささ身がお肉の中でカロリーが低いからよく使うんだけど、油を使わないとどうしてもパサパサするんだよね。」と言う話をお聞きしました。



冶部煮はしっかりと味がついているので、これはいけるんじゃないかと思い作ってみました~(^ε^)♪



○●じぶじぶ冶部煮~♪○●



糖クリぶろぐ (四日市糖尿病クリニック)

1人前 108kcal 塩分1.3g 食物繊維 1.7g

※砂糖の代わりに0kcal甘味料を使用した場合、1人前 96kcal


【材料】 (2人前)

ささみ       120g(2本)

酒          5g(小さじ1)

片栗粉       少々

しいたけ      20g(2枚)

にんじん      80g

アスパラガス   30g

砂糖        6g(小さじ2)

だし汁       150g

醤油        18g

※顆粒だしを使用時は、醤油を12gに。

わさび       適量



【作り方】

○準備

①アスパラ、にんじんは長さを揃えて切る。しいたけは石づきを落とし、アスパラは下茹でをする。

②ささ身に酒をふり、10分放置。

 クッキングペーパーで余分な水分を取ってから、表面に均一に片栗粉を薄くつける。

※しっかりと水分を取ることで、片栗粉のつけすぎを防げます。

 余分な片栗粉は払い落しましょう!


○調理

①鍋にだし汁、砂糖、醤油を入れ、にんじんと椎茸を煮立たせる。

②弱火にし、にんじんがやわらかくなるまで煮る。

③火を強めて煮たたせ、ささみを1枚づつ入れる。

 時々、混ぜて鍋底にくっつかないようにする。

④アスパラを混ぜ入れ、ひと煮立ちさせる。

お好みでわさびを煮汁に溶かしてくださ~い。盛り付けた後に添えてもOKですよ! 



☆ポイント☆

減塩されている方は醤油を7g、砂糖を1.5gにし、わさびを利かせて美味しく頂きましょう

片栗粉はごはんと同じく糖質を含んでいる





わさびなどの香辛料は無塩です。


減塩をされている方は、香辛料をうまく利用することで美味しく減塩料理ができますよ~。


ため、しっかりと粉を払って薄~くつけましょう。


野菜は他のものに変えても美味しくできますよ~。


じぶじぶ冶部煮~♪


今晩のメニューにいかがでしょうか~?(-^□^-)






2011年3月28日

創刊!!糖クリニュース

クリニックから患者さまに向けてのお便りを発行することになりましたo(>▽<)o


その名も・・・


糖クリニュース




糖尿病に関する情報や、ちょっとためになるコラムなど院長をはじめとしてスタッフ全員で取り組んでいきますよ~♪



糖クリぶろぐ (四日市糖尿病クリニック)

↑創刊号はこんな感じです。



両面あるので、ご覧になられる方は裏もチェックしてくださいね♪



創刊号はちょと立派に?作ろうということで、印刷屋さんにお願いをしたら厚手の紙になってしまいました。


折り曲げていいのかどうか皆さん持って帰られるのにちょっと困って見えたようです。(^_^;)


次号からはもう少し持ち帰りやすいように紙の厚さをかえなくてはいけませんね。f^_^;


定期的に発行していきます。


ブログ共々よろしくお願いします~♪(*^o^*)/~


2011年3月23日

鍼灸治療始めました。

糖クリでは3月から毎金曜日に鍼灸治療をはじました。


鍼灸治療は医学と気象の関係に基づいた気持ちのよい鍼は精気を増し、五臓六腑を癒します。


このことは人を全体から診ることで、自然治癒力を強化し、肩こり、腰痛、冷え、だるさ、寝つきが悪いなどの症状を改善していきます。


身体は乗り換えができません。


病気がならない身体のためにも鍼灸治療をお勧めいたします。

また、糖尿病の治療にも効果があると言われています。


                                                 鍼灸師  森下


○鍼灸治療○

毎週金曜日 予約制

(午前9時~12時、午後15時~18時)

施術時間:30分

料金:1500円


ご予約は受付にて承っております。















2011年3月22日

砂糖0の手作りあんこで苺大福

○●砂糖0の手作りあんこ●○


糖クリぶろぐ (四日市糖尿病クリニック)

         


【材料】 小豆400g(一袋)分

小豆        400g(1袋)

パルスイート   74g

塩         6g(小さじ1)

水         適量


【作り方】 ※つぶあん

①小豆をさっと洗い、鍋で水に戻します。(約30分)

②強火にかけ、沸騰したら湯を捨てる。(あく抜きのため)

③新しい水を鍋に入れ、指でつぶせるまでやわらかく煮る。

※途中で差し水をする。

※あくが出てくる場合は、取り除く。

④水を捨てる。新しい水とパルスイート、塩を3回に分けて入れて、混ぜながら煮詰める。


糖クリぶろぐ (四日市糖尿病クリニック)

あっさりとした甘さのあんこです。



○●苺大福●○  

1個 74kcal 

(※マービーつぶあん使用時は79kcal)


【材料】 4人分

砂糖0手作りあんこ       40g

(または、マービーつぶあん)

(a)白玉粉            60g

(a)パルスイート         4g

(a)水               90cc

片栗粉               少々


【作り方】

①(a)の水以外を混ぜる。水を少しずつ加え、ぼってりとしたやわらかさにする。

②耐熱皿に入れ、ラップをし、電子レンジで1分半加熱する。

③木べらでよく混ぜ、再度ラップをし30秒加熱。

※全体に透明感が出てくるまで、繰り返す。

④片栗粉を引いたバットに広げ、人数分に分けてから丸く引き延ばし、あんこと苺をのせて丸く包む。




糖クリぶろぐ (四日市糖尿病クリニック)

白玉粉でつくるため、求肥の様にやわらかくできます。



☆ポイント☆

あんこにはたくさんの砂糖が含まれていますし、あずき自体が糖質の多い豆です。

和菓子はちょっとの量でも糖質がたくさん含まれており、カロリーも高めです。

今回は、砂糖の代わりにパルスイートを使用しました。


パルスイートとはカロリーが0の甘味料です。

摂取しても血糖値にも影響しませんので、砂糖をたくさん使用する時に使うとヘルシーに仕上がります。

砂糖の3倍の甘さで、加熱してもそのままの味が変わりません。


マービーつぶあんはマービーを使用したあんこで 、通常のものよりカロリー30%OFFです。




糖クリぶろぐ (四日市糖尿病クリニック) マービー糖クリぶろぐ (四日市糖尿病クリニック) マービーつぶあん


マービーはでんぷんから作られた低カロリー甘味料で、小腸でほとんど吸収しないため、血糖値をほとんど上昇させません。


いちご大福に使用する際は、鍋で煮詰めて水分を飛ばすと使いやすいですよ~。



2011年3月22日

春はもうすぐそこに・・・。(つぶやきです)

一昨日の夕方から四日市市周辺では、3月というのに雪が降りました。


あまり雪の降らないこの辺りですが、今年はよく雪が降ります。


異常気象!?って心配になってしまいますね。


雪は一晩中降ったのか、朝にはうっすらと雪が積もっていていました(´_`。)


春はまだまだ先かな~っと寒がりな私は落ち込んでいましたが、我が家の庭に菜の花が2本きれいに咲いていではないですか!!(・∀・)


嬉しくて思わず写真を撮ってしまいました♪


菜の花の黄色を見ると、「あぁ。春だな~」と和みますね。



               糖クリぶろぐ (四日市糖尿病クリニック)




菜の花と言えば、花が咲く前に収穫するのが食用の「なばな」です。


なばなも今が旬なんですよね♪


なばなは春野菜のひとつです。


春野菜は冬の間に体内に蓄積してしまった老廃物を外に出してくれる働きがあります。


美味しい春野菜を食べて、体内リセットしましょー!!


ちなみに、私は「わさび」か「からし」と醤油で和える食べ方が今のお気に入りです(^∀^)b


みなさんはどんな食べ方がお気に入りでしょうか?

2011年3月18日

旬な野菜ブロッコリー♪

我が家のお弁当には毎日、ブロッコリーをいれています。


さっと湯がいて、そのまま食べても美味しいので弁当作りには欠かせません。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


最近では、1年中スーパーで売られているブロッコリーですが、いつが旬かご存知ですか?


実は今が旬なんです!!


冬~初夏にかけてが旬なんですよ(-^□^-)


期間としては11月~6月頃が旬ってことになります



生産数の多い市町村はお隣の愛知県田原市です


渥美半島に位置する田原市では春には菜花まつり、夏にはサーフィン、また願い事が叶うと言われている恋路ヶ浜もあり、魅力がたっぷりな地域です。

(・・・いつか訪れたいな。)


今の時期は田原市からのブロッコリーが多くスーパーで出回っているようですが、この先は長野県や北海道産のものが出回ってきます。



ブロッコリーは地中海沿岸が原産と言われています。


そのため、トマト煮込みにしたり、さっと湯がいてオリーブオイルのにんにく炒めによく合うのでしょうか!?(´∀`)



ブロッコリーの栄養価はビタミンB、ビタミンC、カロテン、鉄分が豊富に含まれています


また、血糖値の上昇を穏やかにすると言われている食物繊維もたっぷりです



1株丸ごと食べても66kcal!!(200g時)


ハム2枚よりも低カロリーなんです



欧米では生で食べる方もいらっしゃるようですが、美味しいゆで方をご紹介します♪


①花蕾(からい)は子房に分ける。茎は皮を剥き、一口サイズに切る。

(※花蕾は、もしゃもしゃした部分ですね)


②流水でしっかり洗う。

③たっぷりの湯に塩を少し入れ、3~4分固めに茹でる。


④ザルにあげて、冷ます。

(※冷ます際は、流水にさらすと水っぽくなるため自然に冷ましましょう)


茹でたて熱々はそのまま食べても美味しいです~♪


また、スパゲッティに入れたり、カレーに入れたり、ニンジンと一緒にコンソメで煮込んでも美味しいですよ(^∇^)

旬のブロッコリーをご賞味くださ~い!!






2011年3月15日

地震に備えて

東北・関東大地震より一夜明け、被害拡大のニュースが流れていますが、皆さんご無事でしょうか?


余震や津波の影響は今後も続くとTVで言っていたため、皆さん今後もお気をつけくださいね。


一刻も早い救助・救援、復旧を願います!!




糖クリの所在している三重県も東海地震がいつかはくると予想されています。



災害対策は大切だと分かっているが、いつ来るか分からないから・・・って、ついつい後回しにしてはいませんか?



災害時に救援物資が届くのは、災害発生の3日後と言われています


その間はご自身の備蓄したもののみとなります。




備蓄食料品の中で、1番大切なのはです。



脱水は高血糖状態や脳梗塞、心筋梗塞を引き起こす可能性があります



一人あたり1日3Lの水分を用意しましょう


ジュース、コーヒー、紅茶飲料ではなく、「水」か「お茶」で用意しておきましょう。



インスリン治療をされている方はこの水分以外に、低血糖時の対策としてブドウ糖入りの清涼飲料水をいくつか用意しておくといいでしょう


ファンタのグレープ味がブドウ糖を1番多く入っています。



ペットボトルよりも缶入りのものの方が保存が利くため良いですよ~。


腎臓や心臓に障害をお持ちの方は過剰な飲水は危険な場合もあります。


医師に前もって相談されると良いでしょう。





では、食事の備蓄はどんなものが良いか?


「乾パン」「クラッカー」「レトルト食品」「缶詰食品」「缶入りの野菜ジュース」などを備蓄しておくとよいでしょう。


一緒に使い捨ての食器や箸などを備蓄しておくと良いでしょう!




救援物資が届き、食事の配給が始まりまった時の注意点は…


配給される食事はおにぎり、菓子パン、カップ麺など糖質に偏った食事で、飲み物は水のほかにジュースや牛乳配られることもあります。


血糖値の急上昇を防ぐために、ジュースの摂取は避け牛乳は1日1本までにし、水かお茶での水分摂取をしましょう。


菓子パンは見た目以上に砂糖を多く使用されており、カロリーも高いため1個までにしておきましょう。


寒い季節の災害ですと、温かいカップ麺は有難いものです。


しかし、塩分の過剰摂取は脳梗塞、心筋梗塞を引き起こす可能性を高めてしまいます。


スープをすべて飲み干さないようにし、注意をしましょう。





食事の備蓄の他、用意しておくこととして・・・


「かかりつけ医以外で薬の処方をしてもらえるよう、内服薬の薬品名、処方量、投与回数及び時間を記入したもの。」


「ガラスの破片などから足を守るための靴下、靴。」


サンダルは危険なため、必ず足を覆う靴を用意しましょう!




備えあれば憂いなしです。


一度、ご自身の非常袋の中身を確認してみましょう~!!








2011年3月12日

山の手内科クリニック



昨日、院長、看護師 堀江、管理栄養士 東盛の3人で津市の山の手内科クリニックさんに見学に行きました。

山の手内科クリニックさんは5周年目を迎えられ、糖尿病教室を定期的に開催されています。   



                糖クリブログ


合併症の話を手作りのモデルを使用して指導されているとのことでした。↓

こちらはアイディアマンの安川さんが作られました。



      糖クリブログ     糖クリブログ



アイディア満載のクリニックを見学させていただき、当院でも取り入れたいことがいろいろとありました。


少しずつでも取り入れていけたらなと思います♪



2011年3月11日

はじめまして!

はじめまして。


三重県四日市市にあります糖尿病専門クリニック・・・


「四日市糖尿病クリニック」


管理栄養士の東盛(ひがしもり)です(^▽^)


当院に勤務し始めて、2ヶ月とちょっと経ちましたが、まだお会いしていない方や見かけたけど何する人?って疑問に思われている方もいらっしゃるかと思います。


栄養指導の傍ら、暖炉の火と受付のお手伝いをしている緑色の白衣(?)を着ているのが私です。




糖尿病を治療していく上で、食事療法はと~っても大切なことなんです!!


◆分かってはいるけど・・・毎日の事だし、難しい事やややこしい事はできないよって思われ、食事療法をおざなりにしていませんか?


◆ちょっと聞きたいんだけど、こんな事をいちいち聞くのもね・・・って、ためらっていませんか?




そんな心のもやもやを溜め込まずに気軽~にお声かけてください♪



心のもやもやは、ストレスと化します。


ストレスは血糖値を上昇させてしまうとも言われてます。


ストレスフリーの食生活で、良いからだ作りをしましょ~!





また、院長のブログにならい私もブログを始めました(-^□^-)



ブログを通じて治療に役立つプチ情報や院内からのお知らせ・・・その他諸々を面白く、楽し~くお伝えします!


コメント大歓迎ですヾ(@°▽°@)ノ



みなさん。よろしくお願いいたします。m(_ _ )m





2011年3月7日